FC2ブログ

【靴修理】 シューケア スタジオ BLOG

名古屋 名鉄百貨店 メンズ 館1階 靴修理 専門 シューケア スタジオ スタッフ ブログです。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

防水スプレー

今週末は雨が降るそうですね~。皆様お足元にはお気をつけて。

梅雨時の必須アイテム【防水スプレー】のご紹介です。
DSC_0199.jpg
写真で左から・・・

・コロニル ナノプロ ¥2,100-
・サフィール ウォータープルーフスプレー ¥2,310-
・ウォーリー スエード・ヌバック栄養 防水スプレー ¥1,575-
・ウォーリー プロテクター3×3 ¥1,575-
・ブートブラック ウォータープルーフスプレー ¥1,680-
・コロンブス アメダス ¥2,100-

防水スプレーと一口に言っても、色々なメーカーさんからたくさんの種類が販売されています。
フッ素系、シリコン系、スムースレザーからハイテク素材、それぞれ特色がありますのでご購入の際はお気軽にご相談くださいませ。



| シューケアアイテム | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

42ND ROYAL HIGHLAND ビンテージスチール

本日の修理例は、またまたビンテージスチールです!

今回の靴は42ND ROYAL HIGHLAND(フォーティーセカンドロイヤルハイランド) EXCLUSIVEラインのダブルモンクです。

靴好きの方ならご存知かと思いますが、42ND ROYAL HIGHLANDは1984年に創立した日本のシューズブランドでして、ブランド名の由来は、英国靴に負けぬ堅牢な靴を目指す心から、かつてのイギリス軍のライバルであった、スコットランドの最強連隊である第42ロイヤル・ハイランド歩兵連隊から名づけられたそうです。

と、まぁ由来は置いときまして修理のご説明です。

今回は靴をお持ち頂いた時点で、すでに数回履いてつま先がかなりすり減っていましたので補強の上スチールをお付けしました。【ヴィンテージスチール¥4,200 別途補強¥1,050】

DSC_0198.jpg
新品の状態で付けることの多いスチールですが、すでに履かれている靴でも取り付けることは可能です。ただし靴の状態しだいでは取り付けない方が良い場合もございますので、一度ご相談くださいませ。

| スチール(つま先) | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Red Wing(レッドウイング)アイリッシュセッター修理

本日はレッドウイング・アイリッシュセッターのオールソール修理例です。

今年はホワイトソールの靴が色々なメーカーさんから販売されていますが、レッドウイングのこのモデルは流行に左右されず本当に人気ですね。

当店ではメーカー純正のパーツが手に入らないので、今回はお客様のご要望によりビブラム社のトラクションソールにてお修理させて頂きました。素材感、重量感、風合いなど元により近い形での修理となります。
DSC_0183.jpg
DSC_0184.jpg
【ビブラム・トラクションソール+オプション・ダブルソール¥14,700】
写真の色合いが違いますが同じ靴でございますよ。

こういったブーツは履けばはくほど味がでて、キズや汚れが付けばそれがカッコよさに繋がります。
レッドウイングの修理は毎月何件もありますが、それぞれ本当に皆様大切に履かれていて素晴らしいです。

日々こういった素敵な靴に出会えるのを楽しみに、皆様のご来店お待ちしております。

ありがとうございました。


スタッフ つかわき


| ビブラムソール | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ALDEN(オールデン)修理例

今回はALDEN(オールデン)修理例の修理例です。
DSC_0160.jpg
トップリフトにはダイナイトロジャーヒールを使用しまして、元の雰囲気を壊さないように。
DSC_0161.jpg
また腰裏部も傷んでいましたので、元のライニングに最も近い革色でお修理致しました。
DSC_0162.jpg
【トップリフト・ダイナイトロジャー ¥3,150ー】
【腰裏修理 ¥3,990~】

| ラバー(カカト) | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【COOLBIZ】クールビズと靴

今年は本日6月1日からクールビズが始まる会社が多いとは思います。

ノージャケット、ノーネクタイは一般的になりつつありますが、足元の装いは『これだっ!』っといった決めてがありませんよね?
私が考えるに基本的にはなにより【清潔感】が重要ではないかと思います。やはりビジネスマンとして清潔感~涼しげな印象を持ってもらうためには、靴だけではなくトータルで考えなくてはいけないものだと思います。

ただお勧めは?と聞かれたら、個人的にはプレーントゥやシンプルなローファーをお勧めします。これはネクタイなど装飾品がなくなりシンプルにまとめる装いという一例です。あとは靴の色で変化をつけたり、ベルトの色や素材感を合わせたり、あくまでトータルで靴のことを考えていただければ良いのではないでしょうか。

いち靴屋としての個人的見解ですので、参考程度にしてくださいね。

また、お仕事によってクールビズの定義が変わってしまうとは思いますが、クールビズにお勧めの靴があれば是非、是非教えてくださいね。


さて、今回はクールビズ繋がりでローファーのパイピング修理です。パイピングとは履き口の革のことです。こちらの靴は、サイズが合わず中で擦れて革が破れてしまっていました。

修理としては傷んでる部分を補修し、その上から近い色の革で患部を補強するという形になります。
【パイピング修理¥3,360~】

DSC_0164.jpg
DSC_0165.jpg

クールビズが始まっても、どうも仕事柄ブーツをよく履いたりするので今年は控えめにしようと思います。日々、私たちに出来ることからコツコツと頑張りたいと思います。

スタッフ つかわき

| その他靴修理 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |