【靴修理】 シューケア スタジオ BLOG

名古屋 名鉄百貨店 メンズ 館1階 靴修理 専門 シューケア スタジオ スタッフ ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クラークスオールソール

今回の修理例は加水分解により靴底が剥がれたCLARKS【クラークス】の修理です。

こちらの靴はステッチダウン製法ですので修理の際・・・
・製法上、オリジナルのラスト(木型)なしで行うために足入れが変わってしまう。
・元のアウトソールとは(ポリウレタンソール)材質が異なる為、履き心地が変わってしまう。
・・・など非常にリスクを伴う修理です。

当店では、まずメーカー修理をお勧めさせて頂くのですが、こちらのお客様は以前メーカー修理に出した同モデルが底材の材質が固く履き心地がかなり変わったということで、今回は当店でのお修理をご依頼頂きました。
DSC_0090.jpg
DSC_0091.jpg
底材はお客様とのご相談の上、レッドウイングのブーツなどで使用されるトラクションソール(ボブソール)での修理となりました。【¥12,600-、納期3週間】

今回の修理はお客様より「少し履き心地が変わったが、慣れれば問題ない範囲だ。また履けるようになって嬉しい。」とのお言葉を頂きました。ありがとうございます。

最初に申し上げたように製法上のリスクは伴いますが、お客様が望まれる形により近づけるよう、ご希望に添えるよう最大限の努力をさせていただきます。今回のお修理本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

| その他ラバー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://subaru758.blog79.fc2.com/tb.php/48-21cd7d8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。