【靴修理】 シューケア スタジオ BLOG

名古屋 名鉄百貨店 メンズ 館1階 靴修理 専門 シューケア スタジオ スタッフ ブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カカト修理 EdwardGreen

EdwardGreen(エドワード・グリーン)のクォーターブローグの靴のカカトの張替えです。

02_IMG_0838.jpg
02_IMG_0861.jpg

02_IMG_0837.jpg
02_IMG_0860.jpg

後ろの外側。カカトの一番減りやすい場所です。
元々ついていたものと同じ、半革のリフトでの修理です。
カラー、化粧釘はオリジナルに合わせてあります。

カカトの修理の際、よく相談されるのが、「外側ばっかり減って、歩き方が悪いんですよね」と言う声です。
でも、そんなことはありませんよ!
整体などをきちんと勉強しているわけではないので、あまり大きなことは言えないのですが・・・。
カカトの底材(半革のもの)を見て頂けるとわかるのですが、右用のもの、左用のもの、それぞれ外側に減りにくいゴムの素材が使われています。
タ#12441;ウ#12441;liftラスターlift
つまりは、外側から減るのが一般的ということです。
少し安心した方、いるのではないでしょうか?
もちろん、本当に心配な方は、足に詳しい整体の方に相談してくださいね。

半革リフト交換・・・・\4,200(税込)

staff ごみ
スポンサーサイト

| 半革(カカト) | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://subaru758.blog79.fc2.com/tb.php/91-cc0f93a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。